Pebble Coding

ソフトウェアエンジニアによるIT関連技術の備忘録

2017-01-21から1日間の記事一覧

swiftでFloat値の比較

swiftでは次のような演算子が定義されているので、FloatどうしやDoubleどうしの比較は 単純に==と!=で行えば良い。 FloatやDoubleはFloatingPointを継承しているため、この機能を持っている。 public func ==<T : FloatingPoint>(lhs: T, rhs: T) -> Bool public func !=<T : Equatable>(lhs: T</t></t>…