Pebble Coding

ソフトウェアエンジニアによるIT関連技術や数学の備忘録

2018-11-05から1日間の記事一覧

secp256k1の群構造

secp256k1は素体で、 群位数は L = 0xFFFFFFFF FFFFFFFF FFFFFFFF FFFFFFFE BAAEDCE6 AF48A03B BFD25E8C D0364141 = 115792089237316195423570985008687907852837564279074904382605163141518161494337 であり素数ですから、巡回群(cyclic group)です。 つま…

コーシーの定理(群論)

コーシーの定理(群論) 有限群Gの位数をnとする。nの素因数pを位数にもつ部分群は必ず存在する。 例えば位数)の有限群がある場合、 位数の部分群は存在するということである。

プライバシーポリシー

お問い合わせ

スポンサーリンク