Pebble Coding

ソフトウェアエンジニアによるIT関連技術や数学の備忘録

コーシーの定理(群論)

コーシーの定理(群論)

有限群Gの位数をnとする。nの素因数pを位数にもつ部分群は必ず存在する。

例えば位数 18(= 2 \times 3 \times 3)の有限群がある場合、
位数 2, 3, 6, 9の部分群は存在するということである。

プライバシーポリシー

お問い合わせ

スポンサーリンク